HOME>アーカイブ>【大切な人が亡くなったら読むコラム】世田谷でもできるいい葬儀

葬儀をする前に

身近な人の最期が近いと感じる時、考えたくはないけれど、頭をよぎるのが葬儀のことですよね。葬儀をする前にしておくことがありますので、心構えとして本記事を参考にしてみてください。

葬儀をした人の口コミ

いい最期になりました

父が亡くなって喪失感でいっぱいでしたが、丁寧な対応の葬儀社に出会えてよかったです。

葬儀は選ぶ

どのような葬儀がいいか生前に話していたので、その希望を叶えてあげました。きっと喜んでいると思います。

葬儀社との相性は重要でした

祖父の葬儀の時は葬儀社との相性がよくなかったようで、あまりいい思い出がなかったのですが、今回は相性の良い葬儀社に出会えてよかったです。

まずは死亡診断書が必要

住職

大切な人がお亡くなりになる時には動転していてあまり考えられないかもしれませんが、まずは死亡診断書が必要です。医師から発行されるもので、葬儀を行う際にも必要になります。そもそも死亡診断書は人が死亡したことを証明するもので、それがなければ死亡したことにならないのです。病院や自宅等で医師の診察があり亡くなった場合に診断されるものです。死因が事故や自殺の場合は死体検案書というものが発行されます。

死亡診断書を受け取ったら

死亡診断書を医師から受け取り次第、死亡届を提出する必要があります。死亡届とは死亡診断書と同じ用紙になっており、家族が死亡診断書に加筆し完成します。書類の提出は近年では、葬儀社が代行してくれることもあるようです。ですから、困ったときは葬儀社に相談してみましょう。ただ、もう1つ覚えておくべきこととして、死亡診断書の発行には費用がかかります。病院によって幅があるのが特徴です。そちらは病院に確認をとりましょう。

訃報の連絡と葬儀の依頼

ご家族が亡くなった場合、親族や付き合いのあった人たちなどに報告する必要があります。特に遠方の方には早めにお伝えするようにしましょう。訃報をまず伝え、葬儀の日程が決まり次第追って伝えましょう。遺体を自宅に運ぶことから葬儀社のお仕事が始まるので、早めに葬儀社が決まっているとスムーズです。また、決まっていない場合は病院に紹介してもらった葬儀社に搬送のみ依頼することもできます。世田谷の葬儀社に事前相談に行っておくといいですよ。

広告募集中